たくさんある太陽光発電のメリット

太陽光発電を導入すると、余剰電力を電力会社に対して売ることができます。
メガソーラーなどの事業者であれば全量買取されるのですが、一般家庭では余剰電力のみです。
少々残念ですがしかたないですね。
この価格設定が現在ではかなり高く設定されており、契約時の価格が10年間保証される仕組みになっています。
将来的に電気代が高くなると、太陽光発電システムが生み出す電力も相対的に価値があがるとも考えられます。
そのため、まず確実に元は取れると考えられます。
これがメリットの一つです。
太陽光発電を導入するのは電気代の節約ももちろんありますが、2つ目のメリットとして緊急時に最小限の電力を確保できるという点も見逃せません。
太陽光発電システムには、パワーコンディショナーあるいはインバータと呼ばれる機械がついています。
これが電力会社の電力網と太陽光パネルの出力を調整し、家庭用電力として使えるようにしています。
これには自立運転モードというものがあり、このモードにすることで電力網からシステムを切り離し、パワーコンディショナーについているコンセントから電力を直接得ることができます。
出力はパネルの大きさにかかわらず1500ワットとなっています。
電気製品は起動時に瞬間的に大電力が必要なものがけっこうあり、パワーのない太陽光発電システムだけでは起動できなかったりするものも多いのですが、あるとないとでは大違いです。
携帯電話など小型機器は余裕ですし、ノートパソコンも充電できるでしょう。

get( 'keyword', 8 ) ?>
get( 'comment', 8 ) ?>