太陽光発電で地球守り隊!

地球環境を守るために発電はじめました

太陽光発電のしくみに関する質問

太陽光発電のしくみなどに関しては、分からないことも多々あります。
そこで今回は、その疑問を解決して行きたいと思います。

まずは、太陽光発電の売電に関する質問です。
本当に余った電気を買い取ってもらうことが出来るのか、疑問に思っている人も少なくはありません。
それに関しては、余った電気を買取ってもらうことはできる、という答えです。
日中の晴れた日であれば、使用量を上回る発電量を見込むことができます。
現在の日本の売電制度は、余剰電力買取制度です。
つまり、最初に家で発電した電力を使ってもらい、その上で余った電力は、電力会社に買取ってもらうというものです。
しかも、現在は10年固定で、高価な価格で電力を買取ってもらえるようになっております。

次に、発電効率に季節や地域によって差はあるかという質問です。
これは、あります。
まず季節に関してですが、太陽光発電がもっとも発電を活発にするのは、5月ごろです。
一般的には、真夏が最も発電を多くしてくれそうですが、そうではないのですね。
太陽光発電は、温度が25度程度の条件を、最高の条件としています。
真夏の場合は、大気中はすでにそれ以上になっていますし、屋根の上はさらに温度が高くなっています。
しかし、5月ごろであれば、屋根の上の温度も大して高くはありませんし、真夏よりも太陽の出ている時間が長いです。
そのため、5月の方がいいのです。
一見ぎらぎらしていて発電していそうな真夏は、そうでもないのですね。
気温差や日照時間も、発電量に大きく影響をされます。
そのため、地域によって同じ太陽光発電システムを導入したとしても、差が出てきてしまうのです。
例えば、最も発電量が多いとされる広島県と、最も発電量が少ないとされている新潟県では、年間800キロワット時の発電量の差があります。
広島県の場合は、比較的晴天の天気が多いことが、発電量の多さの理由です。
新潟県の場合は、冬場の日照時間の短さが、発電量の少なさの理由といわれています。

get( 'keyword', 4 ) ?>
get( 'comment', 4 ) ?>