太陽光発電で地球守り隊!

地球環境を守るために発電はじめました

太陽光発電の仕組みに関する質問2

引き続き、太陽光発電の仕組みに関する質問を見ていこうと思います。

次の質問は、太陽光発電パネルの設置角度や方角によって、発電の効率は変化するのか、という質問です。
設置角度は、基本的には、パネルを水平に寝かせた状態から、30度程度起こした角度が、理想的な角度といわれています。
しかし、あくまでもこれは理想であり、30度でなければいけないというわけではありません。
別に、20度だって構わないのです。
ただし、その場合は少し発電効率は落ちてしまいますが。
そして設置する方角についてですが、理想は真南です。
真南に太陽光発電のパネルを設置した際の発電効率を、100としましょう。
その条件ですと、東向きや西向きでは、85となります。
意外かもしれませんが、北向きでも、太陽光発電パネルを設置することはできます。
しかしその場合の発電効率は、50以下となってしまいます。
もしどうしても北向きに太陽光発電パネルを設置したいとなれば、変換効率のよい太陽光発電パネルを設置することです。
そうでなければ、設置したとしても得をするとは思えません。

次の質問は、変換効率についてです。
対湯工発電の性能を比較する上で、よく見られるのが変換効率です。
この変換効率というのは、何なのでしょうか。
変換効率というのは、太陽光のエネルギーを電気エネルギーに変換したときの割合のことを言います。
この割合が高ければ高いほど、変換効率がよい太陽光発電システムとなっております。
もちろん、変換効率のよい太陽光発電システムを導入したいところですよね。
しかし、そういったパネルはえてして高価なものです。
ちなみに、現在のところ、変換効率が最も良い太陽光発電パネルで、約20パーセントといったところです。
平均的には15パーセントといったところです。
廉価版の太陽光発電パネルとなりますと、変換効率は10パーセント台前半です。
そうなると、多くパネルを設置しないといけなくなります。

get( 'keyword', 5 ) ?>
get( 'comment', 5 ) ?>