多摩市でアパート、マンションを経営しているオーナーが太陽光発電システムを設置するケースでは、発電した電気の使用方法が主に2パターンあるでしょう。
一番分かりやすい方法は、各戸の住人に均等に太陽光発電システムが発電する電気を分配する方法です。
この方法を推奨する業者は、各戸の電気代が安くなるから入居率が向上すると言っているようですが、実際にこの方式を運用しているアパート、マンションの各住民の電気料金にはそれほど目に見えるメリットがなく、不評です。
アパートの部屋数が2~3軒であれば目に見えるメリットがあるのでしょうけれど、5軒以上になると効果は薄いようです。
評判が高いのは、アパート、マンションの一室がオーナーの家の場合、オーナーの家だけに太陽光発電システムが発電する電気を送電し、余剰分は電力会社に売電する方法です。
多摩市でアパート、マンションを経営している方は、この方式での太陽光発電システム設置、送電により大きなメリットを享受できるでしょう。