杉並区で太陽光発電を行うときなのですが、
周りに高い建物があるということもあるのではないでしょうか。
その高い建物についてなのですが、実際に影を作ってしまうということがあるのです。
影を作ってしまいますと、太陽光発電には大きな影響を与えてしまうこともあるのです。
なんとかしましてそういった影の影響について考えていくべきでしょう。
また、影につきましてはどれほど影響を受けるのか、
という部分も詳しくチェックしていくべきなのではないでしょうか。
そこでその太陽光発電とその陰についてなのですが、まずは薄いような影があると思います。
ちょっとした雲に隠れているような場合なのですが、その場合でも安心してください。
ある程度の発電はできるようになっているのです。
発電量は場合にもよるのですが、快晴時の半分程度の発電量があるようなこともあるのです。
これは大きなプラスの情報であるというようなことも言えますので、
注目をしてみると良いのではないでしょうか。
多少曇っていましても、太陽光発電は発電できるのです。
杉並区で影がある場合でも利用していけるというふんぎりがつく情報なのではないでしょうか。
また、遠くの建物でしたり、近くの建物のアンテナのような細い影の場合もあるでしょう。
そういった場合も一部発電量が落ちることになっています。
しかし、それほど大きな減少率になることもありません。
細い影につきましては、
特に影響は限定的と覚えておかれるとよろしいのではないでしょうか。